aga治療を受ける際には口コミでそこが信用のおける機関かどうかを調べることはもちろん、その後のことも考えた方が良いです。基本的に薬で治療する場合には、その薬の一部は一生続けなければ再び剥げてくることになります。aga治療は一生の戦いと言っても過言ではないのです。そして、薬には当然ですが副作用があります。細かいところまでは研究されつくしていいませんが、心臓病のリスクや性欲減退のリスクは確実に現実にあるものです。そのことは覚悟しておいた方が良いでしょう。薬を飲んで効果があるということは、絶対に何らかの副作用があります。体はその薬に対抗しようとするわけなので、自然でない現象が体に起こるということです。なんの薬であってもこれは必ず起こる反応なのです。

aga治療はどこでやれば良いのか

上述の通り、安易にやることはあまりおすすめしないということが言えます。東京でも簡単に治療を受けられますよとうたっているところは多いのですが、医師ははっきり言って患者の人生までに責任をもっているわけではありません。単純に髪を生やすというだけです。たしかに髪は生えるのですが、それなりに失うものは必ずあるということです。病気で体に問題があるなら仕方がないのですが、髪が剥げているからと言って困るわけではありません。薄毛での印象で困ることはあるのですが、人体の機能として困ることはないということです。戦略として、ハゲに似合うファッションやキャラを考えることや、受け狙いのツールとして使うこともできるのです。費用対効果をよく考えて、薄毛をどうするかを考えると良いでしょう。

東京ではハゲはどのような扱いか

東京は日本のなかではもっとも価値観が多様化しているところなので、ハゲキャラはけっこういけます。髪が生えていてかっこよいから正義というわけでもないですし、勝手に剥げたならむしろその方が自然なことで全体のバランスが取れているという可能性もあります。重要なのは全体のバランスで、極端な話、いくら髪があってもファッションが壊滅的にダサかったり匂いがかなりきついといった問題があれば髪が無効化されます。それならばオシャレでハゲや良い匂いのハゲの方がマシです。またそもそも別にかっこよい顔でもなければ髪があっても関係することではないですし、かっこよければそれは髪がなくてもかっこよいです。あくまで自然な全体のバランスを整え、普通にしていれば特別外見で問題が起きることもないでしょう。