東京のaga治療は医療機関で医師の判断のもとで治療をするので、自分で育毛剤を使うよりもかなりの高確率で発毛の効果を実感できるのが大きな魅力です。近年はagaに悩む人が増えているので専門の医療機関も東京には多数あります。治療可能な医療機関が増えることは患者にとって自分に適した治療を行なってくれるクリニックの選択肢が広がる意味でも良いことです。aga治療は専門のクリニック以外でも皮膚科や一般病院でも受けることが可能です。どちらを選ぶべきか迷うところですし、治療法や費用、通院する期間などもそれぞれ異なってきます。自分がどちらで治療を受けるかすぐに決めないで、色々比較して検討してみることが大切です。どこを選ぶかによっても治療の効果や実感も違ってきます。

東京のaga治療の方法について

aga治療の専門のクリニックは男性型脱毛症に特化した治療を行なっているため、ほかの皮膚科や一般病院とくらべても効果を実感しやすいといえます。確実に髪の毛を生やすことが目的として治療をするので患者のカウンセリングもしっかりしていて、頭皮検査により今の頭皮の環境や特質、毛量に毛質、薄毛の進行状態などあらゆる点から頭皮のチェックを調べてくれます。カウンセリングの結果や希望を踏まえたうえで患者に最も適した治療を提案してくれます。主にaga治療ガイドラインでも推奨度A認定されている「「フィナステリド」と「ミノキシジル」の2つの有効成分を併用したオーダーメイドの治療薬療法や効果的な発毛を促す成長因子グロースファクターを直接頭皮に注入するagaメソセラピー治療などが有名です。

東京のaga治療では植毛ロボットを使うことも

専門クリニックの中には最先端の植毛ロボットを導入していてARTAS植毛を行なっているところもあります。これは薄毛の進行度や症状にあわせた最適な治療法を選択することも出来ます。一般病院や皮膚科だと成長因子を使ったメソセラピー治療やARTAS植毛などの治療は殆ど行なうことはありません。一般の病院や皮膚科は治療を行なっていても、患者へのカウンセリングや検査をしないこともあります。たとえ行なっていても一般的なものなので処方される治療薬もフィナステリドだけです。通院頻度は専門クリニックだと1ヶ月に1度ぐらいですが、一般的な病院や皮膚科だと1ヶ月から半年に一度ぐらいです。費用に関してaga治療は自由診療になるので全額自己負担になります。しかもクリニックによってかなり金額も違うので、治療内容だけでなく無理なく通うことが出来るところを選ぶ必要があります。