多くの男性にとって頭髪の抜け毛や薄毛は深刻な悩みとなりうるもの。こう言った症状の原因には皮脂やゴミが頭皮の毛穴を詰まらせたり、生活習慣が皮脂分泌や血行悪化をもたらすなど様々な可能性が挙げられますが、中でも注目を集めているのがagaという病気です。これは男性ホルモンと頭皮の特殊な酵素が反応して分泌された物質が頭髪の成長サイクルを大きく書き乱すという症状のこと。これを改善するには病院機関を受診して専門のaga治療を受けることが必要です。とりわけ日本の中心である東京エリアにはこれらのaga治療に対するニーズも高く、専門的な治療を実施することのできる病院機関が数多く存在するのが特徴的です。それでは東京のクリニックで受けられるaga治療とはどのようなものなのでしょうか。具体的に見ていくことにしましょう。

飲み薬や塗り薬を使った治療法や、さらに注射により治療法も存在

まず、東京で盛んに行なわれているaga治療では、最初に遺伝子検査や血液検査を行った上で患者がagaであることを特定した上で専門的な治療に入ります。最も一般的なaga治療としては飲み薬や塗り薬を使ったものがありますが、飲み薬にはプロペシアなどが用いられこれを服用すると頭皮の酵素の働きを抑制して頭髪の成長サイクルを正常化に導きます。また、塗り薬にはミノキシジルが配合され、これを塗ると頭皮の血行が改善され頭髪に過不足なく栄養分が供給されるようになります。さらに、これらの一般的な治療に合わせて、もっと早急に効果を得たい場合には、成長因子や栄養分を配合した特殊な薬剤を頭皮に注射して発毛を促すという治療法も存在します。これらは主に、二週に一度の割合で8回から10回ほどの注射で発毛効果が得られると言われます。

最新治療では植毛技術を活用したものや幹細胞を使ったものも存在

他にも最新技術を活用したaga治療が存在しますが、これらは専門性や知識、経験、特殊な機材などを用いるため、東京を始めとする大都市に立地する専門の医療機関でないとなかなか受けることができない面があります。まずは健康的な自毛を毛包ごと丁寧に採取したものを頭皮に小さな穴を開けた部分に植毛していくという手法があります。これは順調に定着すると同じ遺伝子情報ゆえに一生ものの頭髪として根付く可能性も大いにあります。さらに最近では幹細胞などを用いた再生医療にも注目が集まり、頭髪を形作る毛母細胞などを培養して頭皮に戻すことで失われていた毛乳頭を復活させることも可能となっています。いずれの治療法に関しても保険適用外なので少々費用が高額になる可能性がありますが、しかしこれらのaga治療によって諦めかけていた頭髪の衰えをしっかりと改善して、失われた髪を取り戻すことができるはずです。

治療期間や、薬のことなどなんでもご質問ください! メスや注射を使用しない治療を行います。 aga治療とは、食生活から睡眠など総合的に改善し発毛を目指す治療です。 育毛サロンと違い、医師による投薬と心理的なアプローチで治療していくクリニックです。 ザガーロは2015年に承認された、新しい薄毛の治療薬です。 ハミルトン・ノーウッド分類とは、米国の医師が分類したAGAの進行を確認する指標のことです。 東京でのaga治療なら当院へ